服部歴史館

会社沿革

明治18年 服部藤助が旅行用品関連雑貨問屋として京都市に服部商店を創設
明治43年 京都市に服部清三郎が鞄嚢雑貨卸商として服部合名会社を設立
明治44年 兵庫県豊岡市に現在地に柳行李の仕入部を設置
明治45年 大阪市内に支店を設置
大正2年 豊岡仕入部を支店に昇格。
昭和19年 戦災にて、大阪支店が焼失、京都本店共に閉鎖
昭和20年 豊岡市に本社を移転し、三代目社長に服部清之助が就任
昭和46年 株式会社服部を設立し、服部合名会社の営業権を引き継ぐ
昭和52年 服部隆一が株式会社服部二代目社長に就任
平成20年 三代目社長に服部清隆が就任 東京営業所を開設
令和2年 衛生事業部 設置
 

「服部」のはじまり

「服部」のはじまりは、社史で初代としている服部清三郎の二代前の服部庄兵衛(弁弥から改名)が、天保元年(1830年)に京都市で、「伊勢屋庄兵衛」という家号で創業したのが始まりです。

後に、明治18年(1875年)に服部藤輔が旅行用品関連雑貨問屋として服部商店を京都市(下京区烏丸仏光寺下る)で創設しました。このときから、「服部」という屋号が始まりました。

法人設立による販売網の拡大

明治43年(1910年)に、服部清三郎が鞄嚢(ほうのう)雑貨卸商として服部合名会社を京都で設立し、全国主要都市に販売網を拡大しました。明治44年(1911年)には、兵庫県豊岡市(現在の本社地)に柳行李(やなぎごうり)の仕入部を設置し、翌年明治45年(1912年)には大阪市内(東区博労町二丁目18)に支店を設置しました。清三郎は5男3女の子に恵まれ家族経営を基盤に、法人設立後は鞄嚢雑貨卸として旅行用品だけではなく、鞄嚢製品として革靴など多品種の卸業を行い、各地への営業展開をしており、その後はフィリピン、大陸満州、上海と販売網は海外にもおよびました。
株式会社服部
 大正2年(1913年)、豊岡仕入部を支店に昇格し店舗を新築しましたが、大正14年(1925年)の北但馬震災で倒壊。昭和2年に社屋を再建しました。(一部手を入れておりますが、現在の本社は当時建設した建物です。※島藤(現:戸田建設)の設計・施工) 大正13年(1924年)に大阪支店代表だった服部作次郎(清三郎の長女婿養子)が二代目社長に就任しました。作次郎は、大阪鞄協会会長(第5代)、大阪鞄商工同業組合組長を歴任し、業界の活動にも尽力していました。

戦後から現在へ

昭和19年(1944年)に、戦災で大阪支店が焼失し、京都本店は強制立ち退き(隣が5条警察署のため)で取り壊しを受け、両店とも休業状態に入りました。 翌昭和20年(1945年)に、本社を豊岡市に移転し、服部清之助(清三郎の次男)が社長に就任しました。 明治44年に柳行李の仕入部としてスタートしておりましたが、終戦の年に豊岡の「服部」となりました。
株式会社服部本社
 昭和46年(1971年)には、株式会社服部を設立し、服部合名会社の営業権を継承し現在に至ります。 ※その後、大阪、福岡で独立した清之助の兄弟も廃業し。京都店のみ作次郎氏が卸売業を営まれ、服部株式会社として現在に至っています。 昭和46年(1971年)には、株式会社服部を設立し、服部合名会社の営業権を継承し、近代化を目指して企業発展をしました。 なお、服部合名会社は、不動産などを管理する親会社として存続しております。 昭和52年(1977年)に株式会社服部の二代目社長に服部隆一が就任し、自身の名前から、ブランド、Ryu’s One(リューズワン)を始め、CROSSROAD(クロスロード)、VELBA(ベルバ)、Bluffpop(ブラフポップ)など、ビジネスバッグを中心としたオリジナル商品を手掛けてきました。 平成20年(2012年)に服部清隆が社長に就任し、現在に至ります。 長い歴史の中で、先代達とそれを支えてくれた従業員や取引先の方々に感謝し、引き継いできたものを大切にしながら、鞄を通じてお客様により満足していただけるよう、社員共々情熱を持って頑張っています。